カントークラシック大会について

つい先日、インターネット大会にて

カントークラシック」という大会の景品が発表された。

それがこいつ

f:id:NACK_poke:20160129134628g:plain

通常では覚えられないわざ「バリアー」を覚えたカイリューである。

しかし、これには一つ問題点がある。

それは

特性が精神力

であるということだ。

これによって参加する価値はないと考える人も多いのだろうと思う。

僕はここで一つ考えた。

遺伝させてマルスカイリューで覚えられないのだろうか?

ということで私自身も今回の大会は参加してみようと思う。

(にわか晒してるかもしれません)

 

今回の大会のルールが

となっている。

つまり、メガ進化できるポケモンはそれが出来なくなるというのだ。

これはかなり大きい。

それに、カントー地方ポケモンの特徴に悪タイプのポケモンがいないということが挙げられる。そのため、エスパーやゴーストが動きやすくなる環境になるだろう。

そして、対策必死ポケモンが必ず現れる。僕は対策必須のポケモンとして以下のポケモンが挙げられる。

まず一つが、現レート環境においても猛威を振るっているポケモン

f:id:NACK_poke:20160129134628g:plainf:id:NACK_poke:20160129144646g:plainf:id:NACK_poke:20160129144750g:plainf:id:NACK_poke:20160129144824g:plainf:id:NACK_poke:20160129145000g:plainf:id:NACK_poke:20160129145059g:plain

f:id:NACK_poke:20160129151639g:plainf:id:NACK_poke:20160129145141g:plain

 

ざっとこれくらいのポケモンが挙げられる。ここにもカイリューいる

これらのポケモンたちは雑に扱っても強いので勿論今回の大会に関してもトップメタになることは十分にあるといえる。

続いて、この環境だからこそ輝けるポケモンたちを紹介しよう。私はこのポケモンが重要になってくるのではないかと思っているポケモンだ。それがこのポケモン

f:id:NACK_poke:20160129145421g:plain

フーディンである。

低耐久でおなじみのこいつだが、高い素早さから高火力の一致技を打つことが出来る。ゲンガーよりも素早さは高いため、活躍出来る環境であると言えよう。

次にこいつ

f:id:NACK_poke:20160129150017g:plain

レアコイルさん。

ピクシーに唯一高火力の一致弱点を付けるポケモンであり、特性の頑丈でギャラドスから地震が飛んできても返り討ちにすることが出来る。

その他にも

f:id:NACK_poke:20160129150403g:plain

心の眼絶対零度を打てる特殊高耐久のフリーザーであったり、環境内で最速をとれる、

f:id:NACK_poke:20160129150534g:plain

壁貼って電磁波撒いて爆発できるマルマインだとか色々いる。

全てを対策するのは難しいかもしれないが、この大会に参加する面白さはあると思っている。

あと、持ち物を持たせられないので、スカーフや鉢巻、眼鏡といった拘り系のものもないし、襷で無理矢理耐えることもなくなり、木の実もないので状態異常技が頻繁に飛んできてもおかしくはない。

是非皆さん、参加してみてはどうだろうか。

(主は育成が追い付かずに参加できないという事態になるかもしれません)

 

以上です。

何かありましたらコメント欄までお願いします。