95%は当たらない

ポケモンなど色々

Anti Disguise & Z-crystal 総括記事

ご無沙汰しておりますNACKです。今回は私が主催として開いた6世代大会の総括記事を書かせていただきます。

nack-poke.hatenablog.com

 

7世代新要素をほぼ禁止した7世代シングルバトル、つまりは親子愛、スカイ・フェアリースキンはやてのつばさいたずらごころが弱く、メガ進化後の素早さで動ける世界線の6世代です。
本記事では本大会で使用した構築と、全体的な総括を書かせていただきます。

 

【使用構築】

f:id:NACK_poke:20180616234601p:plain

 

詳しい調整などは省かせていただきます。

私自身が6世代の頃から使っているバンドリマンダを今回でも使用しました。当時はガルーラをメタる構成が必要不可欠だったのでこんな形になっています。

察しのいい人はわかるかもしれませんが、これとある人の構築をそのままほぼ勝手にお借りしてるんですよね。本人には何も言わなかったので後で報告したいですね。

 

【個人の結果】

なんと、4-0で優勝してしまいました。三戦目のときには有効急所をニ連続で引いたり、CASを見ていた人はわかりますが、最終戦では流星群を避けたりと運が傾いていました。

実はこういう大会で優勝したのは初めてだったので素直に嬉しく思います。

 

【KP】

今大会の上位KPになります。

個人的に意外だったのはバンギラスがKP1位に輝いてることですね。ガルーラが弱体化し、ボーマンダやゲンガーといった現環境でも猛威を振るっているメガポケモンたちに対して強く出れるところがKPが多かった原因なのかなと思いました。

マリルリは正直予想通りでした。

やはり7世代で強いミミッキュがいなくなるとガブリアスクレセリアは増えますね、ええ。

 

【全体的な総括】

実はギリギリまで人が足らずに運営陣で招集をかけることになっていました。その結果、16人集まっていただけました。申請時間の都合上とある人をキャンセル待ちという形にさせてしまい、結局参加できなくなってしまったことは本当に反省すべきことだと思いました。この場を借りて謝罪させていただきます。本当に申し訳ございません。

 

参加者の方々が非常に協力的で大きなトラブルは発生しませんでした。一部試合が長引いてしまったところはありましたが、全員が文句を言わずに待機していただけたことは本当に嬉しく思いました。運営共々本当に感謝しております。ありがとうございました!!

 

第二回の開催は今のところ全く考えていませんが、もしまたやりたいという声がたくさん出てきた場合には動き出すかもしれません。

 

それでは、失礼します。

 

 

 

 

(7世代で勝ちてぇよぉ…)